1. ホーム
  2. 妊婦の便秘について
  3. ≫妊娠中に便秘でいきんでしまった!流産の危険性は?【妊婦の体験談】

妊娠中に便秘でいきんでしまった!流産の危険性は?【妊婦の体験談】

便秘でいきまないと排便できない妊婦こんにちは!初マタで妊娠8ヶ月を迎えたayakoです(^ ^)

私は妊娠初期の頃から、排便時にいきむと赤ちゃんが出てきちゃいそうな気がして、強くいきめなくなりました。

「もう少し強くいきめたらスッキリ出そうなのに!」と、毎回トイレでもどかしい思いをしているのですが、お腹の赤ちゃんも心配・・・

 

「妊娠中に便秘でいきんで、流産しちゃった人っているのかな?」

気になったのでYahoo!知恵袋で調べてみたところ、同じような悩みを抱えている妊婦さんがたくさん質問していました。

今回はその回答の中から、先輩妊婦さんの体験談をいくつかまとめたので紹介したいと思います!

 

下の記事では、私が妊娠中の便秘を解消した「カイテキオリゴ」を紹介しているので、ぜひ読んでみてください♪

妊婦の便秘体験談①「流産覚悟でいきんだら・・・」

妊婦Aさん

妊娠12週の時、救急車を呼ぼうかと思うくらいひどい便秘になってしまいました。

それで、「流産しても仕方ないから、とにかく出したい・・・!」と、かなり強くいきんでしまったことがあります。

おかげで便はすっきり出たのですが、今度は赤ちゃんが心配になってきて、いきんだことを後悔しました・・・

 

病院で相談してみたら「それくらいじゃ赤ちゃんは出てこないよ」と言われましたが、心配なので便秘薬を処方してもらいました。

便秘薬を飲むようになってからは、ちょっと下痢気味でしたが、いきまなくても出せるようになりました。

心配な人は、早めに病院で便秘薬を処方してもらった方がいいと思います。

妊婦の便秘体験談②「妊娠初期にいきんで出血、そのまま流産」

妊婦Bさん

私は妊娠初期に便秘になり、排便時に強くいきんだら出血。そのまま流産してしまった経験があります。

医者からは「妊娠初期は下腹部には力を入れては絶対にダメ!」と叱られました。

「妊娠初期の流産は赤ちゃん側の問題だから、母親の行動は関係ない」という意見もありますが、強くいきんだことを後悔しています・・・

 

その後もう一度妊娠することができた時は、下腹部に力を入れないように気をつけて生活しました。

便秘薬には頼りたくなかったので、ヨーグルト、食物繊維、オリゴ糖など、できるだけ便秘にいいものを食べるよう心がけました。

その結果、快便とはいかないものの以前ほどひどい便秘にはならず、無事に出産まで過ごすことができました。

 

妊娠初期は一番流産のリスクが高い時期なので、できるだけ力まないように気をつけてほしいです。

流産してしまったら、もうお腹の中の赤ちゃんは二度と戻ってきてくれませんから・・・

妊婦の便秘体験談③「毎回かなり強く力んでたけど無事出産」

妊婦Cさん

もともと便秘だったので、妊娠して便秘が悪化してからは1週間出ないこともザラ。

これはマズイ!と思い、病院で便秘薬を処方してもらいました。

でも、便が出る代わりにガスが溜まって苦しくなってしまうので、飲むのをやめてしまいました。

 

食物繊維を多くとってみたり、オリゴ糖やヨーグルトも試したけど、私の頑固な便秘には効果なしでした。

その後はもう、自力で出すしかありませんでした。流産が心配だったけど強く力まないと出ないので・・・

 

妊娠初期の頃からそんな感じでしたが、無事に元気な赤ちゃんを産むことができました。

私の場合は大丈夫でしたが、誰もが大丈夫なわけではないので、あくまで私の体験談ということで。

【結論】妊娠中の便秘でいきんでも大丈夫かどうかは・・・

排便時に強くいきんでも無事出産できた妊婦さんもいれば、それが原因で流産してしまった方もいるようでした。

この調査結果から「妊娠中の便秘でいきんでも大丈夫かどうかは人による」という結論に至りました。

あまり具体的な回答にならなくてすみません。。。

 

ただやっぱり、自分がいきんだことが原因で流産になってしまったら、とても後悔すると思うんです。

それに、ママの腸内環境は赤ちゃんにそのまま受け継がれるので、便秘を放っておくと赤ちゃんにも悪影響です。

赤ちゃんのためにも、早いうちから便秘対策することが大切です。

 

病院で便秘薬をもらうのもアリですし(市販の便秘薬はダメ!)、便秘薬に頼りたくない人は自分で解消する方法もあります。

下の記事では、私が妊娠中のヒドイ便秘を解消できた「カイテキオリゴ」を紹介しているので、便秘に悩んでいる妊婦さんはぜひ読んでみてくださいね。

それでは、元気な赤ちゃんが生まれてきますように・・・✨