1. ホーム
  2. 妊婦の便秘薬
  3. ≫妊娠中の便秘に漢方薬は使える?流産・早産の原因になる漢方薬に要注意!

妊娠中の便秘に漢方薬は使える?流産・早産の原因になる漢方薬に要注意!

妊娠中も飲める漢方の便秘薬
漢方薬はケミカルな薬よりも身体に優しいイメージを持っている人が多いと思います。

それでは、漢方の便秘薬なら妊娠中でも安心して使えるのでしょうか?

気になったので、妊娠中の便秘に使える漢方薬があるのか調べてみました。

漢方の便秘薬も流産や早産の原因になる!?

漢方の便秘薬というと穏やかな効き目のイメージがありますが、実はケミカルな便秘薬と同じくらい強力な効き目の漢方薬もあるんです。

妊娠中に注意するべき漢方薬は、大腸刺激性のある生薬が含まれた漢方薬です。

 

大腸刺激性のある生薬成分には、副作用として「子宮収縮作用」があるため、流産や早産の原因になる危険性があります。

ひどい便秘の場合は、妊娠中でも病院で処方されることがありますが、自己判断での服用はやめましょう。

 

とは言っても、どの漢方薬に大腸刺激性の生薬が含まれているかなんて、ぱっと見てもわかりませんよね。

そこでまずは、大腸刺激性のある生薬成分が含まれた、妊娠中は使わない方がいい漢方薬を紹介していきます。

その後で、妊娠中でも使える漢方の便秘薬をご紹介します。先に知りたい方はこちらから記事後半にジャンプしてください(^-^)/

妊娠中は使えない漢方便秘薬まとめ

妊娠中に避けるべき生薬成分
  • 大黄
  • 麻子仁
  • センナ
  • アロエ

上記の生薬成分には下剤作用があり、副作用として子宮収縮作用があるため、妊娠中は注意が必要です。

これらの生薬成分が含まれた漢方便秘薬は、以下の種類があります。

大黄甘草湯(ダイオウカンゾウトウ)

【配合生薬】大黄・甘草

・便秘に最もよく用いられるのが大黄甘草湯
・漢方の便秘薬の中では大黄が最も多く含まれるため、大腸刺激性が強く即効性がある。
・体力がある人向けの処方で、体が弱っている、胃腸が弱い人には向かない。
・市販の便秘薬では、タケダ漢方便秘薬に含まれている。


桂枝加芍薬大黄湯(ケイヒカシャクヤクダイオウトウ

【配合生薬】芍薬・桂皮・大棗・甘草・大黄・生姜。

・こちらは、体力がない人向けに処方される便秘薬。
・大黄甘草湯より大黄の配合量が少ないので、効き目は比較的穏やか。


麻子仁丸(マシニンガン)

【配合生薬】麻子仁・芍薬・枳実・厚朴・大黄・杏仁

・お年寄りや体力がない人向けに処方される
・水分不足でコロコロになった便を柔らかくして排便しやすくする
・麻子仁は、分娩時に子宮収縮を促すためにも使われる成分なので、妊娠中は注意。


潤腸湯(ジュンチョウトウ)

【配合生薬】地黄・当帰・黄ごん・枳実・杏仁・厚朴・大黄・桃仁・麻子仁・甘草

・こちらも、お年寄りや体力がない人、肌が乾燥している人向け
・その名の通り、腸を潤して排便しやすくする


センナが含まれた便秘薬

・センナは西洋の生薬として古くから便秘薬に使用されている
・大腸刺激性があり、即効性がある
・市販の便秘薬では、コーラックハーブ・センナ錠・センナダイオウ錠剤など


アロエが含まれた便秘薬

・アロエも、漢方ではないが古くから便秘薬として使用されている生薬
・アロエの葉・皮に含まれる「アロイン」という成分に下剤作用があり、副作用として子宮収縮作用がある
・アロエヨーグルトなどの食品は、薬事法の規制によりアロインが除去されているので摂取しても問題ない
・市販の便秘薬では、ヤクルトアロエ便秘薬・アロエ錠・アロエ製薬便秘錠など

妊娠中でも使える漢方便秘薬まとめ

基本的に、妊娠中に使っても問題ない便秘薬は、強力な子宮収縮作用のある大黄を含まないものになります。

大黄が含まれる便秘薬より即効性はありませんが、飲み続けることで腸の機能を回復させ、自然な排便力を高めます。

桂枝加芍薬湯(ケイヒカシャクヤクトウ)

【配合生薬】芍薬・桂皮・大棗・甘草・生姜

・桂枝加芍薬大黄湯の、大黄が含まれないバージョン
・体力があまりなく、ふだんから胃腸が弱く下痢や便秘をしやすい人向け
・過敏性腸症候群に処方される代表的な漢方薬
・「大黄」を含まないため、妊娠中の女性の便秘にも処方される


大建中湯

【配合生薬】山椒・人参・乾姜・膠飴

・血の巡りをよくして胃腸を温め、胃腸の働きを回復させる
・体力がなく冷え性で、お腹の張りや腹痛、便秘の人に処方される
・むくみや冷え性改善にも効果があるため、女性におすすめの漢方


当帰建中湯

【配合生薬】当帰・桂皮・生姜・大棗・芍薬・甘草

・体力がなく冷え性で、腹痛など痛みがある人向け
・身体を温め、痛みを取り除く作用がある
・主に月経痛や下腹部痛、痔の痛みなどに処方される
・冷えからくる便秘や腹痛にも有効

漢方薬を使う前に、まずはお医者さんに相談してみよう!

漢方薬はドラッグストアでも気軽に買えますが、できれば服用前に医師に相談するべきです。

漢方薬にはたくさんの種類があり、自分の体質に合った漢方を見極めるのはなかなか難しいからです。

 

また、お医者さんに相談すれば妊娠中でも安心して服用できる便秘薬を処方してもらえます。

自己判断で服用するよりも、病院で処方してもらった便秘薬の方が安心して使えるかもしれません。

 

「妊娠中はできるだけ薬に頼りたくない!」というあなたは、薬を使わずに便秘解消する方法もあります。

下のページでは、私が妊娠中に試して効果のあった便秘解消法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね(^ ^)

⇒妊娠8か月の私が便秘薬に頼らずに便秘解消できた方法ベスト3!