1. ホーム
  2. 妊婦の便秘薬
  3. ≫妊婦さんは危険!流産や早産の原因になる市販の便秘薬まとめ

妊婦さんは危険!流産や早産の原因になる市販の便秘薬まとめ

市販の便秘薬を飲むか迷っている外人の妊婦さん
「妊娠に気づかなくて、市販の便秘薬を使っちゃった!赤ちゃんへの影響は大丈夫?」

と不安になっている妊婦さんへ

 

この記事では「流産や早産の原因になりやすい市販の便秘薬」をまとめています。

すでに服用してしまった後で、流産や早産が心配な方は参考にしてみてください。

 

もし以下に書いてある便秘薬を服用してしまっても、1回の服用で必ずしも流産になるわけではありません

次からは服用しないように気をつけて、不安なら妊婦健診の時などに相談してみましょう。(体調に違和感や異変がある方は、できるだけ早く病院に電話しましょう)

妊娠中に市販の便秘薬で使えるものを探している人もいると思いますが、自己判断で服用することはおすすめしません。

病院で相談すれば、赤ちゃんに悪影響のない便秘薬を処方してもらえるので、妊婦健診の時に相談してみましょう。

妊娠中に危険な市販の便秘薬一覧

刺激性下剤タイプ

妊婦の服用は危険な便秘薬コーラック

刺激性下剤タイプの便秘薬
  • コーラック
  • コーラックⅡ
  • コーラックファースト
  • スルーラックS
  • スルーラックプラス

刺激性下剤タイプの便秘薬には、共通して「ビサコジル」という医薬品成分が入っています。

ビサコジルは刺激性下剤の中でもっとも効き目が強いため、市販の便秘薬の多くに含まれています。

ですが、もともとビサコジルは座薬として開発された成分であり、強い粘膜刺激性があります。

内服薬として服用すると胃や腸の粘膜を傷つけてしまうので、妊娠中でなくても連続服用は避けるべきです。

 

ビサコジルには強い子宮収縮作用があり、流産や早産のリスクを高めるので妊娠中の使用は禁忌とされています。

ちなみに病院では、ビサコジルが含まれる便秘薬は処方されないので安心してください。

漢方タイプ

妊娠中の服用は危険なタケダ漢方便秘薬

漢方タイプの便秘薬
  • タケダ漢方便秘薬
  • コーラックハーブ
  • コーラックファイバー
  • スルーラックS
  • スルーラックプラス
  • スルーラックデトファイバー
  • センナ錠
  • アロエ便秘薬

※スルーラックS、スルーラックプラスには、刺激性下剤の成分(ビサコジル)と漢方の成分(センナ)の両方が含まれています。


漢方タイプの便秘薬には、生薬のダイオウ、センナ、アロエのいずれか、または数種類を組み合わせたものが含まれています。

自然のハーブだから安全に思うかもしれませんが、これらも刺激性下剤に分類され即効性があります。

長期服用すると大腸にダメージを与えて大腸黒皮症になってしまうので、妊娠中でなくても長期連用は避けるべきです。

 

漢方タイプの便秘薬は大腸に刺激を与えると同時に、子宮の収縮を促してしまうので妊娠中の服用はおすすめできません。

ただ、医師の判断で必要最低量を処方されることもあります。その場合は決められた用量を守って服用しましょう。

パッケージの注意書きに「妊娠中は医師や薬剤師に相談すること」とあるので、使用したい場合は医師に相談しましょう。

浣腸タイプ

妊婦の使用は危険なイチジク浣腸

浣腸タイプの便秘薬
  • コトブキ浣腸
  • イチジク浣腸
  • ミカサ浣腸
  • ケンエー浣腸

浣腸は、飲むタイプの便秘薬に比べて即効性があります。

肛門から注入して3分〜15分程度で便意をもよおすので「すぐに出したい」時に役立ちます。

 

浣腸の主成分は、化粧品などにも保湿成分として使用される「グリセリン」です。

腸内の滑りを良くする作用と、腸を直接刺激してぜん動運動を促す作用があります。

 

安全性が高いように思えますが、浣腸タイプも腸を刺激するので子宮収縮して流産や早産を引き起こす恐れがあります。

妊娠中は自己判断で使用することはおすすめしませんが、医師によっては妊娠中の便秘に浣腸を処方する場合もあります。

市販の便秘薬は危険!便秘で悩んでるならこれで解決!

上記で紹介した「刺激性下剤タイプ」「漢方タイプ」「浣腸タイプ」の便秘薬はどれも、子宮収縮して流産・早産を引き起こす恐れがあります。

すでに服用してしまった場合は仕方ありませんが、自己判断で服用するのはやめましょう。

流産・早産してしまった後で後悔しても遅いです。

 

この他にも、市販の便秘薬の中には流産の危険性が少ない便秘薬もあります。

流産の危険性が少ない便秘薬は下の記事で紹介しているので、気になる方は読んでみてください(^ ^)

⇒妊婦でも飲める!流産や早産の危険性が少ない市販の便秘薬まとめ

 

また、下のページでは私が妊娠中に試して本当に効果のあった便秘解消方法をご紹介しています!

できるだけ薬に頼らずに便秘を治したい妊婦さんは、こちらも参考にしてくださいね♪

⇒妊娠8か月の私が便秘薬に頼らずに便秘解消できた方法ベスト3!